ARCHITECT’S Q&A

前田茂樹が選ぶ5つの建材

Q. 日本らしいイメージの建材とは?

A. 麻布漆塗

日本の良さを感じる麻と漆の妙

麻に漆を塗りこんだ床材なのですが、両者が出合うとこれほど良さが出るのかと、日本の素材の素晴らしさを感じています。麻は床材として使うと歩行性が良く、漆は防水効果もあるほか、耐久性も高まり、汚れも目立たなくなります。この色と質感は是非実物を見なければと、施主とショールームに一緒に見に行って決めたほどです。そしてそのショールームは本当に素晴らしいです。自社製品の家具も置いてあるほか、和室までしつらえていて。麻布漆塗と一緒に置くと、とても家具が引き立つんですね。木曽アルテックさんは漆器製造からスタートしているので、漆の住空間への使い方は並々ならぬセンスを感じます。

株式会社 木曽アルテック社

〒399-6303
長野県塩尻市奈良井82-1
TEL:0264-34-3303
FAX:0264-34-2888
MAIL:info@kiso-artech.co.jp
WEB:www.kiso-artech.co.jp/