ARCHITECT’S Q&A

MARU。architectureが選ぶ5つの建材

Q. 空間が引き立つ建材とは?

A. 樹脂モルタル

追従性が高く特殊な造形も可能

「つなーで」ではいくつかの場所で建築物から生えているような家具をつくりたいと思っていました。床が土間コンクリートということもあり、それに合わせるための建材を考えていたところ、家具デザインを担当していただいたデザイナーの藤森泰司さんに樹脂モルタルをすすめていただきました。手すりや大きなキッチン、展示スペースなどに使わせていただきましたが、風合いが良かったです。樹脂モルタルは、樹脂を化学反応で硬化させるため短い時間で硬化するうえ、追従性が高いのがメリット。造形的にも特殊なかたちに施工するには大変適した建材だなと感じました。

日本化成株式会社

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2丁目3-22 ハイフレックスビル
TEL:03-3207-8139
FAX:03-3207-8172
WEB:www.nihonkasei.co.jp/