ARCHITECT’S Q&A

o+hが選ぶ5つの建材

Q. 素材が活かされた建材とは?

A. 外壁杉板材

野地木材の杉板材を使用したo+h設計「世田谷の家」

建築家のつくりたい世界観を実現する製材技術

初めて野地木材さんの板材を見たのは、建築家・西沢立衛さんが設計した「大八木邸」でした。大八木邸は面取りをされていない桧板材を使っていて、外壁がまるで1枚の大きな板のように美しい仕上がりだったのが印象的でしたね。面取りしていない板材はきれいに張れると美しいのですが、施工の技術が試されるうえ、経年とともに収縮したり反ったりなど木が暴れることもあります。施工のことを考えるとほとんどの板材があらかじめ面取りされているのですが、野地木材さんは建築家の「こんな風にしたい」というイメージを理解してくださり、仕上がりのことを考えて製材をしてくださる貴重な会社だと思います。

野地木材工業株式会社

〒519-4324
三重県熊野市井戸町4185-18
TEL:0597-85-2485
FAX:0597-85-4056
MAIL:sales@nozimoku.co.jp
WEB: www.nozimoku.co.jp/