ARCHITECT’S Q&A

カワグチテイ建築計画が選ぶ5つの建材

Q. 高い技術を用いた思い出深い施工とは?

A. サイン

通常は難しい場所にもプリント可能な、シルクスクリーン技術

「市原湖畔美術館」は、工事の佳境になったあたりからデザイナーの色部義昭さんが入り、サインとビジュアルアイデンティティーを担当されました。コンクリートを剥がした壁にカッティングシートでサインをつくるのは難しく、シルクスクリーンを採用することになったのですが、曲面だらけの建物にプリントするのは非常に困難で、何社か断られてしまいました。そこで、色部さんと親交のあるエムズさんにお願いしたのですが、通常は難しい場所にもプリントしてくださるサイン屋さんで本当に心強かったですね。難しい工事を涼しい顔でやってくださるところに技術の高さを感じました。

エムズ

〒153-0064
東京都目黒区下目黒6-19-10-301
TEL:03-3760-8249
FAX:03-3760-8249
MAIL:machida_shinichi@icloud.com (担当 : 町田)