ARCHITECT’S Q&A

カワグチテイ建築計画が選ぶ5つの建材

Q. 技術と素材が活かされた建材とは?

A. サーモウッド

独自の熱処理技術で木材の耐久性が向上

木材を屋外で使用すると、腐食や反りなどが生じてしまいます。しかし、この木材は水蒸気雰囲気下で高温熱処理を施すため、耐朽性が増すうえに元の素材より軽い。熱処理することで木材の寸法変化は少なく、木材の成分が変性することで空隙が増すので、断熱性が高くなるメリットもあります。「美波町医療保健センター」では、県産材を使うという取り組みもあり、木材処理を手掛ける越井木材さんにお願いしました。建物の施工時に比べると現在はだいぶ黒くなっていますが、劣化したという印象はないですね。むしろソリッドな雰囲気を保ったまま退色している感じがして、その風合いがとても気に入っています。

越井木材工業株式会社

〒559-0026
大阪市住之江区平林北1丁目2番158号
TEL:06-6685-2064 (SD部)
FAX:06-6682-2714
MAIL:sd@koshiiwoods.com
WEB:https://www.koshii.co.jp/