This issue’s CLASS1 ARCHITECT

左は能作氏の妻で建築家の常山未央氏。「西大井のあな 都市のワイルド・エコロジー」共同設計者
能作 文徳
FUMINORI NOUSAKU

建築家(一級建築士)

1982年 富山県生まれ
2005年 東京工業大学工学部建築学科卒業
2007年 東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了
2010年 能作文徳建築設計事務所設立
2012年 博士(工学)学位取得 (東京工業大学)
2012年
-2018年
東京工業大学大学院環境・社会理工学院建築学系助教
2018年- 東京電機大学未来科学部建築学科准教授

受賞歴

2010年 平成22年東京建築士会住宅建築賞,「ホールのある住宅」
2013年 SDレビュー2013鹿島賞,「高岡のゲストハウス」
2016年 第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館展示特別表彰
2017年 SDレビュー2017入選「西大井のあな 都市のワイルド・エコロジー」
2018年 ISAIA2018 Excellent Research Award in Young Architects’ Design Sessions
2019年 第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示選出
2019年 Architects of the year 2019 入選 「西大井のあな 都市のワイルド・エコロジー」
2020年 住まいの環境デザイン・アワード2020 優秀賞, 「ピアノ室のある長屋」

主な作品

2016年 高岡のゲストハウス
2017年- 西大井のあな 都市のワイルド・エコロジー
2018年 ピアノ室のある長屋

建築家になったきっかけは?

母親が建築の仕事をしていたので、幼い頃から建築に触れる機会が多かったですね。母の建築関係の友人が家にやってくることも多く、コルビュジエなどの本を持ってきてくれたり、フランク・ロイド・ライトの「落水荘」のドキュメンタリーなどを見せてもらったりするうちに、建築の世界にハマっていった感じです。その時に知った建築家の吉村順三は今も影響を受けています。

これからチャレンジしたいことは?

造園家の方と話していると、土壌の健全性が大事だなと感じることが多く、「土を傷めない建築」に興味を持っています。コンクリートを使わない基礎や、「ストローベイルハウス」のプロトタイプを作って、「土に還る家」を広めたいと思っています。

印象的だったプロジェクトは?

「高岡のゲストハウス」ですね。祖母が一人暮らししている木造家屋を、住まいと食堂、ゲストハウスにするプロジェクトでした。祖母が引越ししたくないとのことで、住みながら建物を改修するという取り組みだったのですが、建物を壊してはその時の材料を再利用するというかたちが、「西大井のあな」のスタイルにもつながっていったのかなと感じています。